So-net無料ブログ作成
検索選択

とくダネ情報屋

とくダネ情報屋 ~芸能ネタ・裏話を紹介~

元宝塚の東小雪が父親から受けた性的虐待の内容とは? [芸能]

スポンサードリンク




ひがし.jpeg


東小雪さんは6月30日放送の

「私の何がイケないの?緊急2時間スペシャル」に出演しましたね。

東小雪さんが父親からの性的虐待の内容を詳細に

綴った著書「なかったことにしたくない」


本の紹介文より引用
「私は実の父から性虐待を受けて育った。 そのことをこうして告白するには、長い時間が必要だった。 記憶が意識から切り離され、自分の被害を思い出せなかった時間……。 つらすぎる記憶に、恐れ、とまどい、逃げ回り、葛藤した時間……。 それでも私は、私が受けたすさまじい暴力を「なかったこと」にはできなかった。

この本には、幼い日にお風呂場で奪われた、 私の「生きる力」を取り戻すために書いたものという側面があるだろう。 本を書くことが、私の回復のプロセスのたいせつな一部になるのかもしれない。 けれども、それだけではなく、もし私のこの告白が、生きづらさを抱えるだれかの胸に届いたとしたら、 それは著者としてとてもうれしいことだ。 そんな祈りを込めて、私が生きてきたこれまでのことを書いてみたい。―― この世の中がだれにとっても生きやすいものになるための一助に、本書がなればと願っています。」



東小雪さんは現在
LBGT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の
支援活動を行っています。

また、元タカラジェンヌで活躍していましたね。

ひがし2.jpeg



著書「なかったことにしたくない」では
実父から風呂場で受けた性的虐待や、
宝塚時代の陰湿ないじめのエピソードが語られています。



東小雪さんの実父は風呂場での性的虐待を毎日のようにおこなっていた。
さらに、小雪さんが誰にも言えないように洗脳して、
小雪さんと父親だけの日常として幼い子供に言い聞かせていたのだ。


さらに、その父親による性的虐待を、母親と祖母は見て見ぬ振りをして、
異常な家族の中に閉じ込められていた、小雪さんは本当に可愛いそうだ。
まさに家族ぐるみの虐待を受けていたのだ。


幼い小雪さんにとって、それは逃れられない状況だったのだ。
それが長年トラウマとなって、小雪さんにずっとつきまとっていたと思うと、
なんとも言えない気持ちになります。


さらに父親による性的虐待の内容は、小学校2年になると性行為におよび、
その後も、風呂場での異常な性的虐待は長年にわたって続いた。


父親という絶対的な存在に逆らえない状況のなかで、このような不幸な日常をうけていた
小雪さんの気持ちを思うと、いま同性愛として生きている事に理解をしたいと思いますよね。


7月14日放送の「私の何がイケないの?」ではさらに
東小雪さん同性カップルの「妊活の問題」が、
取り上げられているようです。

さらに衝撃的な事実が浮かび上がるようです。注目していきましょう。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。